パニック障害−薬解説−   

まず、はあくまで「補助」という事を認識して下さい。
お薬アンケートさせて頂き、それに伴う簡単で一般的な薬の解説を致します。


パニック障害および鬱でよく処方される


<精神安定剤編>

<抗鬱剤編>
 ├→三環系
 ├→SSRI SNRI
 └→その他

<睡眠導入剤編>

<その他>

<漢方薬編>




三環系抗鬱剤

最初に開発された抗鬱剤で、成分の化学構造の特徴から三環系と呼ばれている。
抗鬱剤の中では最も薬効が高いとされているが、そのぶん抗コリン作用による副作用が出やすい。
しかし、第二世代の三環形抗鬱剤は、副作用が低減されている。
何より、安価であり、昔からの薬であることから、安心感はある


・アモキサピン:
アモキサン

・アミトリプチリン塩酸塩:
トリプタノール」「アミプリン」「ノーマルン」「塩酸アミトリプチリン」

・イミプラミン塩酸塩:
トフラニール」「イミドール」「塩酸イミプラミン」

・クロミプラミン塩酸塩:
アナフラニール

・ドスレピン塩酸塩:
プロチアデン

・ロフェプラミン塩酸塩:
アンプリット

・トリミプラミン:
スルモンチール




アモキサン
 
第二世代の抗鬱薬で、第一世代の抗鬱薬よりも抗鬱作用・睡眠作用・鎮静効果は弱いです。
その代わりに、抗コリン作用による副作用(便秘・口渇・排尿困難など)や眠気が少ない為、比較的症状が軽い人によく処方されます。
脳内神経終末へのノルアドレナリンドーパミン及びセロトニンの取り込みを阻害します。
また、鬱病の他に、パニック障害にも効果があるとされています。
その他、過食症などいろいろな心の不具合に応用されます。
偏頭痛や神経痛の治療に使われることもある。
効果の発現が早いほうです



トリプタノール
 
古くからある第一世代の三環系抗鬱薬。
憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。
鬱病のほか、パニック障害や過食症などいろいろな心の不具合に応用されます。
脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンセロトニンの量を増やし、神経の働きをよくします。
ノルアドレナリンの増加は「意欲」を高め、セロトニンの増加は不安感をやわらげ「気分」を楽にするといわれます。
痛みの神経をしずめる作用がある為、鎮痛補助薬として 偏頭痛や群発頭痛、神経痛などの治療に応用されることがある。
膀胱の運動を抑えることで、大人の尿失禁や頻尿に対しても処方されるかもしれません。
作用が強く、よい効果が期待できますが、副作用がでやすのが欠点です。
また、効いてくるまで少し時間がかかります。



トフラニール」「イミドール
 
古くからある第一世代の三環系抗鬱薬。
鬱病のほか、パニック障害や過食症などいろいろな心の不具合に応用されます。
特に、ノルアドレナリンの量を増やす作用が強いのが特徴です。
脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンセロトニンの量を増やし、神経の働きをよくします。
ノルアドレナリンの増加は「意欲」を高め、セロトニンの増加は不安感をやわらげ「気分」を楽にするといわれます。
痛みの神経をしずめる作用がある為、鎮痛補助薬として 偏頭痛や群発頭痛、神経痛などの治療に応用されることがある。
膀胱の運動を抑えることで、大人の尿失禁や頻尿に対しても処方されるかもしれません。
作用が強く、よい効果が期待できますが、副作用がでやすのが欠点です。
また、効いてくるまで少し時間がかかります。
通常1週間後に血中濃度が安定します。



アナフラニール
 
古くからある第一世代の三環系抗鬱薬。
鬱病の他、パニック障害強迫性障害、過食症などにも効果的と考えられます。
痛みの神経をしずめる作用がある為、鎮痛補助薬として 偏頭痛や群発頭痛、神経痛などの治療に応用されることがある。
膀胱の運動を抑えることで、大人の尿失禁や頻尿に対しても処方されるかもしれません。
作用が強く、よい効果が期待できますが、副作用がでやすのが欠点です。
特に、セロトニンの量を増やす作用が強いのが特徴です。
また、効いてくるまで少し時間がかかります。



プロチアデン
 
第二世代の抗鬱薬。
抗コリン作用による副作用が少ないのが特徴
脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンセロトニンの量を増やし、神経の働きをよくします。
ノルアドレナリンの増加は「意欲」を高め、セロトニンの増加は不安感をやわらげ「気分」を楽にするといわれます。
鬱病のほか、パニック障害、過食症、片頭痛、神経痛などの治療にも使われます。
良く効いてくるまでに、2〜3週間以上かかるかもしれません。



アンプリット
 
第二世代の抗鬱薬。
抗コリン作用による副作用が少ないのが特徴
脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンセロトニンの量を増やし、神経の働きをよくします。
ノルアドレナリンの増加は「意欲」を高め、セロトニンの増加は不安感をやわらげ「気分」を楽にするといわれます。
鬱病のほか、パニック障害、過食症などいろいろな心の不具合に応用されます。
良く効いてくるまでに、2〜3週間以上かかるかもしれません。
副作用:血圧低下や頻脈が起こり、手のふるえ、筋肉のこわばり、口やのどの渇き、便秘、排尿困難、視力の調節障害、発疹などの過敏症状などが起こることがあります。



スルモンチール
 
古くからある第一世代の三環系抗鬱薬。
脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンセロトニンの量を増やし、神経の働きをよくします。
ノルアドレナリンの増加は「意欲」を高め、セロトニンの増加は不安感をやわらげ「気分」を楽にするといわれます。
作用が強く、よい効果が期待できますが、副作用がでやすのが欠点です。
また、効いてくるまで少し時間がかかります。



精神安定剤編
抗鬱剤編
    ├→SSRI SNRI
    └→その他
睡眠導入剤編


↑ページの先頭へ

パニック障害.COM(パニック障害ドットコム)

Copyright (C) 2006-2015 パニック障害.COM All Rights Reserved.

This page was designed by "STUDIO SONIQ"(スタジオソニック)