パニック障害−薬解説−   


精神安定に作用する漢方薬



東洋医学の考え方
「気」とは、元気、気力、やる気の言葉にある気の意味にとても近いもので、体内にみなぎるエネルギーのことを意味しています。
ストレスなどが原因で気の流れが滞ると、気だけでなく血や水も滞り、この結果様々な症状が起こります。

気は次の3つに分けられます。




@:気が滞る状態
気滞
エネルギーの流れの異常

夜中によく目が覚める
寝苦しい
不眠
動悸
息切れ
下痢
腹痛
不安感
喉の違和感

<気滞に効く漢方薬>
・加味帰脾湯(かみきひとう)
・甘麦大棗湯(かんばくだいそうとう)
・桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
・柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
・抑肝散(よくかんさん)
・柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)
・苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
・柴朴湯(さいぼくとう)
・香蘇散(こうそさん)
・参蘇飲(じんそいん)
・加味しょう遥散(かみしょうようさん)
・四逆散(しぎゃくさん)
・三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
・大承気湯(だいじょうきとう)
・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
・柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)



A:気が上に上がる状態
気逆
エネルギーが頭に逆上すること

のぼせ
顔のほてり
イライラ
首すじ・肩のこり、
手足の冷え
不眠
便秘
怒りやすい
頭痛
動悸
自律神経の乱れ
脱毛
鼻づまり
脈の乱れ、 
咳(乾いた咳)

<気逆に効く漢方薬>
・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
・加味帰脾湯(かみきひとう)
・柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
・抑肝散(よくかんさん)
・小建中湯(しょうけんちゅうとう)
・柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)
・桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
・温経湯(うんけいとう)
・加味しょう遥散(かみしょうようさん)
・四逆散(しぎゃくさん)
・女神散(にょしんさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・温清飲(うんせいいん)
・柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
・大承気湯(だいじょうきとう)
・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
・大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)



B:気が弱る状態
気虚
エネルギー不足

倦怠感
足がだるい
疲れやすい
気力がない
食欲不振
胸腹部の重苦しさ
腹満
腹鳴
精神不安
ノイローゼ
頭重感
しびれ

<気虚に効く漢方薬>
・四逆散(しぎゃくさん)
・人参湯(にんじんとう)
・六君子湯(りっくんしとう)
・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
・清心蓮子飲(せいしんれんしいん)
・加味帰脾湯(かみきひとう)
・小建中湯(しょうけんちゅうとう)
・大建中湯(だいけんちゅうとう)



<不眠に効く漢方薬>
・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
・桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
・酸棗仁湯(さんそうにんとう)
・加味帰脾湯(かみきひとう)
・抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんけ)
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
・香蘇散(こうそさん)



これらの薬は大きな薬局や漢方専門の薬局で入手出来ますが、100%自己負担となりますので、大変高額となります。
東洋医学(漢方)の病院では、処方薬として取り扱えるので経済的です。


↑ページの先頭へ

≪お薬解説トップ

パニック障害.COM(パニック障害ドットコム)

Copyright (C) 2006-2015 パニック障害.COM All Rights Reserved.

This page was designed by "STUDIO SONIQ"(スタジオソニック)