パニック障害−薬解説−   

まず、はあくまで「補助」という事を認識して下さい。
お薬アンケートさせて頂き、それに伴う簡単で一般的な薬の解説を致します。


パニック障害および鬱でよく処方される


新薬サインバルタ カプセル(SNRI)を追加


<精神安定剤編>

<抗鬱剤編>
 ├→三環系
 ├→SSRI SNRI
 └→その他

<睡眠導入剤編>

<その他>

<漢方薬編>




抗不安薬精神安定剤

精神安定剤(トランキライザー)には、2種類ある。
「メジャートランキライザー」と「マイナートランキライザー」に分けられる。
抗不安薬がマイナートランキライザーであり、最近はベンゾジアゼピン系が多い。


・エチゾラム:
デパス」「メディピース」「エチカーム」「エチセダン」「サイラゼパム」「パルギン」「セデコパン」「アロファルム」「エチゾラム」「エチゾラン」「デムナット」「モーズン」「グペリース」「カプセーフ」など

・アルプラゾラム:
ソラナックス」「コンスタン」「カームダン」「メデポリン」「アゾリタン」「アルプラゾラム」

・ブロマゼパム:
レキソタン」「セニラン

・ロラゼパム:
ワイパックス」「ユーパン」「アズロゲン」

・ジアゼパム:
セルシン」「ホリゾン」「セレナミン」「ジアゼパム」「リリバー」「ジアパックス」「セエルカム」など

・クロチアゼパム:
リーゼ」「リリフター」「クロチアゼパム」「イソクリン」「ニラタック」など

・ロフラゼプ酸エチル:
メイラックス」「スカルナーゼ」「メデタックス」「アズトレム」「ロンラックス」「ジメトックス」

・フルトプラゼパム:
レスタスジェネリックなし

・クロキサゾラム:
セパゾンジェネリックなし

・タンドスピロンクエン酸塩:
セディール」「タンドスピロンクエン酸塩」

・クロルジアゼポキシド:
バランス」「コントール」「クロルジアゼポキシド」「コンスーン」など




デパス
 
ベンゾジアゼピン系に近いチエノジアゼピン系のお薬です。
この薬はマイナートランキライザーの代表格と呼ばれ、「抗鬱作用」と「睡眠作用」があるため、軽度の鬱病心身症パニック障害不眠等に幅広く処方されています。
作用は安定剤では、最強クラスです。
筋弛緩作用も強く、幅広く使用されています。
切れ味が鋭い。
即効性があり、頓服薬としての代表格です。
睡眠作用があるように、眠気の副作用に注意が必要です。
日本産まれの優れた薬で、パニック障害となり よく最初に処方される薬の1つです。
また、整形外科領域では、筋緊張緩和作用を期待して、頸椎症や腰痛症に処方されることがあります。
(作用/時間:/



ソラナックス」「コンスタン
 
抗鬱作用を合わせ持ち、パニック障害強迫神経症にも応用されます。
同類薬のなかでは、作用の強さが中くらいです。
頓服薬としても使用され、安定剤の中では平均的なお薬です。
非常に多く処方されており、ポピュラーなお薬です。
(作用/時間:/
 ※第三種向精神薬



レキソタン」「セニラン
 
抗不安薬の中では「デパス」と並んで鎮静効果が高く、マイナートランキライザーの代表格と呼べる抗不安薬です。
生まれはスイス。
抗不安作用はデパスと同じくらい強いのですが、レキソタンの特徴は眠気の副作用がデパスよりも少ない。(あくまでも傾向です)
主に鬱病パニック障害等の治療に使われています。
デパス同様、切れ味が鋭い。
即効性もあり、頓服薬としてもよく処方される。
血中濃度Max:2時間(5mg経口)
(作用/時間:/



ワイパックス」「ユーパン
 
抗不安、鎮静、筋弛緩作用が強く、心身症、パニック障害強迫神経症対人恐怖などに効果があります。
ラットにおける効果では、ジアゼパム(商品名:セルシン)よりも少量で高い効果があるとされています。
寝つきも良くします。
(作用/時間:/
 ※第三種向精神薬



セルシン」「ホリゾン
 
おだやかな鎮静作用と、筋肉のこりをほぐす作用があるので、内服は精神的な緊張による種々の症状(不安、いらだち、緊張など)や、精神緊張のための筋肉のこり、不眠を改善します。
また、坐剤は小児用で、直腸粘膜から吸収されて血中に入り、小児の高熱によるひきつけ、てんかんの発作に効果を現します。
(作用/時間:/
 ※第三種向精神薬



リーゼ
 
ベンゾジアゼピン系に近いチエノジアゼピン系のお薬です。
このお薬は、穏やかな作用の心の安定薬です。
パニック障害など各種神経症を中心に、心身症、鬱病や不眠症、自律神経失調症、更年期障害などに処方されています。
さらに、筋肉をほぐす作用があるので、緊張型頭痛や頸椎症、腰痛症、肩こり、けいれん性の病気などに応用されることも多いです。
副作用が少なく安全性が高いこともあり、各診療科でいろいろな病気に幅広く使われています。
高齢の人にも向きます。
穏やかではあるが、頓服薬としての即効性もある。
(作用/時間:/



メイラックス
 
同じ系統の薬の中でも、特におだやかな鎮静催眠作用をもち、精神的な不安・緊張によるさまざまな症状に用いられます。
血中濃度の半減期は144時間と長時間型の安定剤
抗けいれん作用は強いが抗不安作用は中〜強程度、鎮静・筋弛緩作用は比較的弱い。
1〜3週間の連続投与で定常状態に到達、蓄積性は認められていない。
寝つきを良くします。
即効性はない。
(作用/時間:/



レスタス
 
パニック障害など各種神経症を中心に、心身症、鬱病不眠症自律神経失調症、更年期障害などに処方されています。
さらに、筋肉をほぐす作用があるので、緊張型頭痛や頸椎症、腰痛症、肩こり、けいれん性の病気などに応用されることも多いです。
同類薬のなかでは、作用が強く、作用時間も長いです。
作用時間が非常に長いので、持続性心身安定剤とも呼ばれます。
血中濃度の半減期は約200時間で、超ロング型の安定剤であり、尚且つ鎮静作用はセルシンの2倍。
筋弛緩作用はセルシンの1.5倍。

服用開始後10日間で平衡状態に達する。
蓄積性は無い。
非常に効能の高い薬にも関わらず、副作用が非常に少ないことで有名。
即効性はない。
(作用/時間:/超長



セパゾン
 
パニック障害など各種神経症を中心に、心身症鬱病不眠症自律神経失調症、更年期障害などに処方されています。
さらに、筋肉をほぐす作用があるので、緊張型頭痛や頸椎症、腰痛症、肩こり、けいれん性の病気などに応用されることも多いです。
同類薬のなかでは、作用が強く、作用時間も長いです。
(作用/時間:/
 ※第三種向精神薬



セディール
 
セロトニン作動性抗不安薬
セロトニンの神経に作用する点が特徴的で、抗不安薬作用のほか、抗鬱作用も合わせ持ちます。
心身症や神経症の治療に広く使われています。
眠気、ふらつき、脱力感などの副作用が少ないという特徴もあります。
ベンゾジアゼピン系の安定剤に近いお薬ですが、ベンゾジアゼピン系で治療効果が不十分な例等の治療抵抗性の患者に対しては効果が現れにくいので、1日60mgを投与しても効果が認められないときは、漫然と投与することなく、中止する。



バランス」「コントール
 
おだやかな作用の心の安定薬です。
不安や緊張感をやわらげ、気持ちを落ち着かせます。
作用が穏やかなほうで、催眠作用や筋肉をゆるめる作用も弱いです。
(作用/時間:/



抗鬱剤編
睡眠導入剤編


↑ページの先頭へ

パニック障害.COM(パニック障害ドットコム)

Copyright (C) 2006-2015 パニック障害.COM All Rights Reserved.

This page was designed by "STUDIO SONIQ"(スタジオソニック)