大自然と接する



ルソーは、

大自然にまさる教育者はいないという教訓を残しています。




太陽がさんさんと光る大自然の下に生きている事を自覚するために、散歩するのも良い


田舎を旅をするのも良い


たまには、独り孤独に夜空を仰いで月や星を眺めるのも良い




毎日、外に出て自然の中で生きていることを実感しましょう。


週に一度や月に一度とかいうふうに、「大自然と接する」機会を意識的に習慣づけると良いでしょう。


そうすると、だんだんと心が宇宙大に広がってのびのびとしてきます



壁や困難にぶつかった時、自然の中で考えると、別の視野が開けてくるものです




自然の中に溶け込んだ時、人間が一番人間らしくなります。











Copyright (C) 2006-2014
Free Yourself All Rights Reserved.