[31] 32 33 34 35 36 37 38 39 40

77 東京都 男性 26歳 パニック障害 半年
H18.
11.10
はじめまして。
私に最初のパニック発作が襲ったのは仕事の商談中です。
初めてだったので何がなんだか分らなくなって焦って救急車を呼びましたがなかなか来ず、その間、心臓の動悸が激しく破裂するんじゃないかと思いました。
病院に着くと医者からパニック障害と診断され翌日には精神科へ行きました。
この精神科ではデプロメール100mgを処方されましたが、初めてなのに量が多く飲んでるうちに不安などが増しておかしくなるんじゃないかと思い一週間で薬を飲むのをやめました。
そうすると薬の禁断症状みたいな激しい動悸や強い不安が現れて毎日が地獄のような日々でした。
我慢の限界が来て別の精神科へ行きデプロメール25mg処方してもらいましたが薬の量が少なかったのか2ヶ月経っても同じ量の薬を処方されたので体調をまた崩しました。
結局、仕事を続ける事に自信を無くし勤めていた会社を退職しました。
現在は信頼できる精神科医と一緒に治療に専念しています。
以前では一日40本吸っていたタバコも数リットル飲んでいたコーヒーも今では止めています。
パニック障害を克服できるかどうか心配です。

<管理人のコメント>
あなたと私は症状が似ています。
私も心臓が破裂する感覚でした。
旧名で言えば、「心臓神経症」に相当すると思います。
救急車で運ばれて、すぐに「パニック障害」と診断されたのは不幸中の幸いです。
なかなか、この病名にたどり着けない人が多いのが現状です。
しかし、そのあとの薬の処方の仕方には、ちょっと疑問符が付きますね。
SSRIの処方の仕方を理解されていないのか・・・。精神科でありながら・・・。
現在は信頼できる医師に出会えたのですね。
タバコもコーヒーも止めたのは医師の指示でしょうかね。
とても良いことです。
それを止められたのは、最終的にはあなたの意思ですから、素晴らしいですよ。
パニック障害を発症して、まだ半年ですので、正しい治療をやっていけば早期の回復も期待できますよ。
この病気は、ズルズルと長引かせてはいけません。(私がそうですが・・)
信頼できる医師の指示に従い、この病気は必ず治るという事を心に刻んで下さい。
そして、医師が指導しないとしても、セルフコントロールの訓練はやっていって下さい。
それによって、必ず良い方向に向かいます。
私は医師のサポートと自分の根気で、現在この病気をほぼ完治にまで回復しましたからね。

76 東京都 女性 43歳 パニック障害1年半 鬱病不定期でトータル約10年
H18.
11.7
初めまして。
PD歴1年半・うつ歴約10年の者です。
昨年の6月の帰宅時に突然激しい動悸と胸部圧迫感・窒息感・死の恐怖・離人感が襲ってきて、それから月に4〜6回は発作に襲われるようになりました。
最初は心臓の疾患だと思い、救心を飲んでいましたが全然効かず、不安に陥っていたのですが、今年の8月に今までない位の強烈な発作に襲われ、やっと内科で心電図とレントゲンを撮ったのですが異常なく、ネットで調べた所PDと分かり現在に至ってます。
薬はパキシルは合わなかったですね。
何しろ毎日毎日死ぬことばかり考えてましたもん。
確実に死ねるならその辺で2〜3人殺して死刑になろうとまで考えました。
因みにパキシルはあの宅間守や畠山鈴香も服用していた薬です。
現在はデプロメールとセルシンとソラナックスを服用しています。
結構落ち着きました。
原因は親との確執・幼少時の虐待と高2の学年中からのいじめでしたね。
家出に近い状態で家を出て、現在は全く私からは連絡を取っていません。
父親もうつ状態で自殺しましたし、母親はボーダーと推測されます。
正直結婚したいのですが、このような症状の人間と一緒になってくれる男などいるのでしょうか。

<管理人のコメント>
大変ご苦労されていますね。
私は実際に心臓に不安があります。
健康診断などで指摘を受けます。
ですので、以前は大発作の時は本当に心臓がダメになったのでは?と非常に不安でした。
心臓に症状が出るのは、本当に恐怖ですよね。
SSRIに関しては、他の薬以上に人それぞれの相性がありますね。
服用中の症状は、詳しく医師に伝える必要があると思います。
こういったことは、海外の方が進んでいるかと思います。

さて、私もこの病気になって自分の過去を分析しました。
色々と思い当たることはあります。
しかし、私は原因を追求しないようにしました。
これから先の事を考えるようにしたのです。
今後の人生はどのようになるかは全く分かりませんよね。
良い方向に向かうかは、自分の願望で大きく変わると思います。
これは病気とは関係のない物だと思っています。
前向きに考えていると、今まで自分の中にはなかった考えが浮かんできたりすると思います。
過去や現状だけを見てしまうと、どうしても悲観的になりがちだと思います。
結婚に関しては、縁もありますので必ず成就するとは言えません。
ただ、「病気だから・・・」という考えは持たない方が良いと思いますよ。
また、「病気が治らないと何も出来ない」という考えも必要ないと思います。
結婚をしていない私が言うのも説得力がありませんが、私はそう思いますよ。