[151] 152 153 154 155 156 157 158 159 160

251 兵庫県 女性 36歳 パニック障害 8年
H19.
5.17
昨日、はじめて拝見致しました。
よろしくお願い致します(^-^)早速なんですが、三ヶ月前より 一日にパキシル20ミリ を処方してもらっていたのですが 肌が パシパシとしたかんじや赤みが出ることがあると 相談すると 一日ルボックス25ミリ×3 に昨日から 変更になりました。
すると夕べから 耳鳴りのような シャンシャンと音が 鳴り 今は キーンといっています。
これが、離脱症状なのでしょうか?
ルボックスを変わりに服用していても 離脱症状が出るのでしょうか?
慣れてくると この音は 消えるのでしょうか?
同じような経験をなさった方はいらっしゃいますか?
また ルボックスもパニックに効果はあるのか パキシルよりも弱い薬なのか 教えて下さい。
たくさん 質問して すみません。


<管理人のコメント>
今からコメントする内容は、あくまで一般論です。
医師の観察のもと、薬の変更が行なわれているのであれば、大丈夫だと思います。

セロトニンをコントロールする薬は通常併用しないのが一般的です。
また、セロトニンをコントロールする薬を変更する場合でも、前の薬の血中濃度が下がってから次の薬へ移るのが一般的です。

しかし、薬の効果がなくなる事は、症状を悪化させる事にもなり、薬の変更には医師の判断と観察によって行なうと良いでしょう。

あなたが現在、耳鳴りなどの症状を起こしている原因は複数考えられるでしょう。
@:パキシルの離脱症状
A:セロトニンをコントロールする薬が体内では2種類存在しており、相互作用を起こしている。
B:ルボックスの初期副作用

以上の3つが考えられるでしょうが、この3つとも時間の経過で消失するでしょう。
パキシルはSSRIの中でも、一般的に離脱症状が強く現れると言われています。
ルボックスはSSRIの中でも、一般的に初期副作用が強く現れると言われています。

セロトニンをコントロールする薬は、SSRIだけでなく、三環形抗鬱剤やその他の抗鬱剤でも存在します。

薬の併用や変更に関しては、医師が多く経験されているでしょうから、医師の指導のもと行なうと良いでしょう。
勿論、何か異常を感じたら、すぐに医師に報告する必要があります。
医師に報告をしなければ、医師には伝わりませんよね。
報告を受ければ、医師は適切な処置およびアドバイスをされると思います。

パニック障害の認定薬は、現在(H19年5月)のところ、パキシルとジェイゾロフトの2種類だけだと思います。
しかし、パニック障害に有効な薬は、ルボックスは勿論のこと、その他の抗鬱剤や安定剤、抗けいれん薬などございます。

パキシルはルボックスに比べ、抗パニック効果が高いとされていますが、これは個人差がございます。
また、副作用に関しても一般論とは違った感じ方をされる患者さんがいるのも当然です。

抗鬱剤よりも安定剤の方が効果の高い患者さんも多くいます。
薬は人それぞれです。

症状を安定させる事の出来る薬であれば、どの薬を選択されても構わないでしょう。
何故なら、「
薬はあくまでも補助」であるからです。
症状を抑えている間に、根本的な治療を行なう必要があると思います。

引き続き、カルテ251さんの投稿が続きます

↑ページの先頭へ