[141] 142 143 144 145 146 147 148 149 150

242 大阪府 女性 33歳 パニック障害 (カルテ241)
H19.
5.2
[カルテ241さんの続きの投稿]
私は二年前に弟に赤ちゃんが生まれお嫁さんと仲良くなりました。
赤ちゃんができ、久々だったので初めは泣き声に不安に繋がり場を離れたり…しましたが、可愛い姪を見たくて今では公園や堤防そして私の大好きな服を買いに行ったり、カラオケよく3人で動き環境が変わり赤ちゃんをみたいと強くなったと思います。
私は友達といる時間が多いので嫌でも外に行かなくてはいけません。
今でも友達と交流を深めています。
みんな見守ってくれてます。
私は何故か人に発作や断る姿を見せたくないみたいです。
苦しくたえて遊ぶ日もよくあります。
だけど帰り際に絶えれた自分や笑った話に充実感に変わってます。
性格でしょうか 家にひきこもれませんでした。
私はパニック障害は無知識の中でいつかは治る!からまず発作は来ていいもの、(起こしたらダメと言われると人は不安が増すからです)ぶつかろうパニックを知ろうと過ごしてきました。
私の過ごし方パニックの完治への乗り越え方は間違ってますか?

今は仕事帰りには姪と遊びながら色々出かけます。
薬を一回半分にして仕事をしたら不安が強すぎて大変でしたが)…その中絶えれた自分に強くなったなぁと涙が出ました。
まだ私は薬デパスが必要ですが 今はやっとここまで来て動ける毎日の楽しみを味わってます。
呼吸法を今からマスターしドラックフリーをゴールに頑張って行きます。
いつでも赤ちゃんを生んでいい体でいたいです。
ソニックさん何度もすみませんでした。
私の全て話をしたくなりました。

<管理人のコメント>
やはり、あなたには感心させられます(笑)
あなたの考え方は十分でしょう。

私はパニックの名医の治療において、とても順調な回復ぶりでした。
しかし、名医は少々不満があったようです。
それは、発作がやって来ないことでした。

多くの患者さんは、「え〜?」と思われることでしょうが、この病気は自分の力だけで発作を抑え込むことが出来ないと完治とは言えないのです。
敢えて発作を起こさせる為に、早期の断薬を行なうことになりました。
それで本当に私がセルフコントロールを習得しているかを試したのです。

薬を止め、私は調子を崩すようになりました。
しかし、私にはもう薬に頼ることが出来ませんでしたので、これを乗り越えるのには、「呼吸法」しかなかったのです。
勿論、大丈夫大丈夫と自分を落ち着かせる暗示も掛けました。
最初の頃はキツイ訓練でしたが、何とか乗り越えていました。
それを何度も何度も繰り返すことにより、発作が私から逃げていくようになった次第です。

これはあくまで、私がそれまでに毎日の訓練を怠らず呼吸法をマスターに近い状態にまで達していたから出来たことです。
これをまだ呼吸法を習得出来ていない患者さんにはお勧め出来ることではありません。

しかし、この病気の克服の最終段階はこのような訓練が必要ということだけは把握して頂きたいと思います。
最終段階は、自分の力で発作をやっつける訓練が必要ということです。

これからも、今までの訓練を引き続き行ない、それにセルフコントロール法を組み合わせ、あなたの願いを叶えて下さいね。
あなたはきっと大丈夫でしょう。
そう確信していますよ。

↑ページの先頭へ