[1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10

5 神奈川県 男性 33歳 パニック障害 病歴8年
自分がはじめてパニック障害になったのは8年前です。
仕事と性格がきっかけだと思います。
アルバイトで入った仕事でした。当時自分は数人の仲間うちでも歳が上ということと、積極的に仕事をこなしていたことですぐにリーダー役になりました。
これはこれでよいのですが、その頃入れ替わる人事等をまとめるのと時間帯が不規則なことなどがあり体調をくずしぎみになりました。
その後人事異動と正式採用という話がありました。
そのときパニック障害になりました。
数ヶ月微熱が続き、目覚めるときの体の振るえ、不眠やふらつき、冷や汗がでるなどいろいろとでてきました。
おそらくせっかくなれた環境が変わることと、あらたな人間関係などが無意識的にストレスになっていたのでしょう。
いろんな病院にいってもよくならず、最後は心療内科で診断を受けました。
それから最初の2年ぐらいは心身ともに最悪でした。
今はだいぶよくなりましたが、何か行事等があると緊張や不安感がでます。なのでいまでも薬を服用し続けています。(一度はやめましたが、5ヶ月後にあることが原因で再び服薬)

4 投稿者の都合により削除致しました。


3 千葉県 男性 39歳 パニック障害 病歴1年
社会全体で、パニック障害の認知度はまだまだ低いのでしょうか。
会社でも、端から見ると元気に見られてしまう事が多々あります。
私の場合は、同じ病気で闘っている方々に比べ、比較的症状も軽い方だと思います。
それでも仕事はキツイです。

現在、営業職をしておりますが、最近になって客先に訪問すると具合が悪くなるという現象が発生いたしました。
冒頭にも述べたとおり、見た目は元気に見えるからなかなか私の訴えに上司は耳をかそうとはしませんでした。
この時が非常にシンドかったです。

私の勤めている会社には、産業医が週二日詰めており、気が引けたのですが自分の身を守るためと思い、産業医経由で上司に話をしてもらいました。(パニック障害の知識も含め)
ようやく判ったもらったのか、現在は営業事務という形で内職してます。
それ以来、上司を含め周り方々から理解を得られ、今日まで何とか仕事をすることができています。

自分を取り巻く環境によって、幸にも不幸にもなるものだと、この時実感しました。私の場合は前者でした。
このままの状況が続けばよいのですが、時間が経つにつれ、風化されてしまうのが恐いです。

2 山口県 女性 32歳 パニック障害 病歴4年
初めて軽い発作が出たのは四年前の8月。
テレビをみてたら急に息苦しさ、口の乾き、喉のつまり、気分がソワソワ、頭がおかしくなりそうな感じがあり、その当時は旦那がいたので旦那に体がおかしいから病気に連れて行ってと頼んで夜間の救急病院に行きました。
病院についたら、少し落ち着いて、先生からはトローチをもらって帰りました。
ちょうど、その日は日曜日で友達と海水浴に行った日の夜だったので日射病かな〜と簡単に思ってました。
それから二週間後、仕事が五時に終わり、子供達を保育園迎えに行って洗濯物を たとんでいる時に、急に、めまい、動悸、息苦しさ、しびれ、とにかく気を失うくらいの大発作がきたのです、すぐ旦那に電話をして病院に行きました。
色々検査した結果 苦しいのにも関わらず先生は冷静。心身症って言われて先生から(悩みやストレスはないかね?)って言われた時には泣いてしまった。
ハッキリ言って結婚生活にムリをしてました姑の言いなり、子供達の世話、家事、仕事を完璧にしてたからです。
朝、仕事の休みの日はゴロゴロ好きなだけ寝たいけど それも出来ない、朝ご飯の支度、弁当作り。姑の お昼ご飯の用意などなど・・・今、考えたら本当 良く頑張ってたなと思います。

(その後)去年の2月にパニが悪化し、それまでは 頓服ソラナックスだけにしてましたが毎日毎日発作はありました。
自力で二時間かけて耐えてました。
2月に悪化して 7月から本格的に精神科に通い始め毎日ソラナックスを三回飲み始めました。
そのお陰で不安がなくなり好きなことも出来るようになりました。でも薬に依存して来ました。
今からの目標は呼吸法を覚え、薬を飲まなくて済むように なりたいです (\'-^*)/

1 東京都 男性 47歳 パニック発作→鬱病 病歴8年
1997年10月、午後自宅で休んでいたら、突然言いようのない不安に襲われ、死ぬのかと思い、タクシーで妻に連れられ救急病院へ。
心電図、血圧測定するも正常。体温が少し高かったので、風邪のせいでしょうと言うこと、睡眠薬としてデパス0.5mmを処方され帰宅。次の日は会社でしたが、今一すっきりせず数日を過ごす。本を見て、心の病と思い、診療内科を受診。不安神経症と診断され、コンスタンを処方される。効果が弱いため1ヶ月後、デパスに変更。
半年後、うつ病も併発し、今に至る。
当時は仕事も忙しく、リーダとして納期問題、品質問題を抱えており、ストレスにより発症したと思われます。