[621] 622 623 624 625 626 627 628 629 630

621 女性 過敏性腸症候群、PD、不安神経症
H21.
6.13
おひさしぶりです。といっても忘れてるとおもいますが。
2年ほど前に掲示板に書き込みをさせてもらっていたものです。
この2年は色々ありました。
去年の4月頃、くすりの量も少ないとのことで、医師の許可も得てくすりを断薬しました。
ところが、いっきに体の調子が悪くなりました。
まるで今までの症状をいっぺんに出てきたみたいに。
息ができない、頭痛、吐気、動悸、肩こり首こり顎の痛み、胃のむかつき、めまい、不安発作…。
今まで出来てたことが出来なくなり、結婚をしたにもかかわらず、自分の体のことで頭がいっぱいで相手のことを思いやる余裕がなくなりました。
医師にも体の症状を訴えましたが、くすりをやめた直後はもう少しガマンしてくださいと言われ、それからガマンしてガマンしてそれでも辛いと訴えると、“そんなに辛いならどうしてくすりを飲まないの?くすり飲むのへただね。”と言われました。
すごくショックでした。
それから調子が悪いと頓服として飲むようにと指導されました。

それから今年になって、遠出をすることになったのでくすりをまた常用し始めました。
ほんとは飲みたくなかったけど…なぜなら子供が欲しいからです。
医師はこのくすりの量なら子供に影響はないと言ってますが、医師の言葉は私はあんまり…信用できなくなっています。
常用しだすと以前飲んでた時よりもくすりが効いてるような気がしました。
その前に顎が痛かったので、顎関節症を疑いマウスピースを作り、夜寝る時につけて寝ていましたが、それはそれで肩や首のこりが軽減されましたが、くすりを飲んでからはほんとに軽くなりました。
でも完全ではありません。
他にもくすりを飲み始めても、レジに並ぶのが困難になったり出かけると予期不安に襲われたり、食事が思うようにできなくなったり、それは今でも続いています。

この2年間の間、このサイトを見てました。
呼吸法もしてました。
でもどうしても続けることができず苦しくなって、始めてはやめての繰り返し。
息がしにくいのが原因かと思い、ネットで調べていると“舌の位置”も正しい位置があると気づきました。
私は昼間も食いしばりが激しく、歯が当たらないように気をつけていましたが、舌の位置を気にするようになってから、食いしばりも減り呼吸も楽になりました。
口の中に空間ができたような感じで鼻からの呼吸がめざましくしやすくなりました。
ほんとに舌が原因かわからないけど…。

それから呼吸法を実践すると、苦しくなく長く続けることができるようになったのです。
それに気づいたのはつい最近のことなので、呼吸法の練習はこれからなのですが、以前からこのサイトを見続けてきてやっと自分も頑張っていると言えるなと思えたので書き込みしました。
これから呼吸法を自分のものにして急激に緊張する体をリラックスさせてあげたいです。
ちなみに今飲んでるくすりはメデタックス1mg、頓服で、レキソタン1mgです。
調子が悪い時はレキソタンが2mgになります。
ほんとに少ない量ですがちゃんと効いているのです。悔しいけど。
でもこれからです。
くすりを飲んで行動範囲や自信を取り戻し、呼吸法で過緊張を取り除けるようになりたいです。
このサイトに出会ってすごく時間が経ってますが、改めてこのサイトに出会えてよかったです。
ソニックさん、ありがとうございます。これからがんばります。
それを伝えたくて、書き込みしました。それでは失礼いたします。


<管理人のコメント>
まず、あなたのことを覚えていますよ。
あなたは登場しなくなっても、ちゃんと見ていてくれたのですね。
そういう患者さんが多くいるはずだと私は信じてサイトを運営し続けています。

あなたの主治医のことを悪くいうつもりはありませんが、メンタルの病気の患者さんに病気を治す意欲を失わせる言葉を発することは、少しばかり賛成し兼ねます。
しかし、正しいことも勿論言っていると思います。
妊娠についての薬の使い方など。
100%信頼することが出来なくとも、主治医の指導のもと、これからも治療を前向きに続けて下さいね。

そう、続けることが大切なのですね。
何かを上達したいならば、続ける必要があります。
何か自分にあった方法があるはずです。
それを見つけていくことです。
そして、あなたは自分で見付けることが出来たのです。
あなたの諦めない気持ちによって。

私がこのサイトを続ける理由は、継続的訓練によって実際に病気を治していく患者さんがいることを証明したいからです。
まず私がその見本になりました。

前向きに、治すことだけを考えて、後ろを振り向かず、一歩一歩進んでいくのです。

主治医や周りの人から色々と言われようが、それらの言葉をマイナスに捉えず、自分にとって良いふうに捉えて、前向きに訓練されて下さいね。

治してしまったあとは、周りの人たちが言っていたことも、少しは理解出来るようにもなるでしょう。
正しいことを言っていなくとも、それを大きな心で受け止めることが出来るようになるでしょう。
これらのことは、治してみれば分かります。
もしくは、その境地に達していれば分かるようになるはずです。

「継続は力なり」ですね。
私も私なりにこのサイトを継続してきました。
あなたも苦しみながらも、サイトを見てくれていました。
これからは、自分の信じる方法で、信じる方向へ向かっていって下さいね。

そうすれば、きっと光が見えてくることでしょう。
この度は、ご報告ありがとうございました。

↑ページの先頭へ