[481] 482 483 484 485 486 487 488 489 490

481 愛知府 男性 34歳 パニック? 15年
H20.
6.2
初めて投稿させていただきます。
私は自分がパニックなのか未だに分かりませんが、症状が似ていたのでもしやと思い投稿させていただきました。
15年前まではごく普通の、何の病気もしたことがない、心も体もいたって健康な人間でした。
その頃、受験勉強で毎日2時間から3時間の睡眠しかとっておらず、体の調子を崩し内科へ行きましたところ、血圧が高いから薬を飲みなさいと言われ、ノルバスクという降血圧剤を処方されました。
薬を飲み始めてすぐにいろんなものの恐怖症が出ました。
タバコは体に悪いと聞けば、タバコの煙が怖くなってしまい、実際に吸ってしまうとあまりの恐怖に気が狂いそうになったり、集中できなくなったりとパニックに似た症状がでました。
タバコの他にもシンナーや車の排気ガスやアルコールなど、恐怖感を感じるものが10種類以上はあったと思います。
社会に出てからも続き、ずっと働いてはいましたが、毎日5回も6回も発作のようなものが出てしまうので、とてもまともに働けるような状況ではありませんでした。
また、残遺症状というのですか、発作がおさまった後の頭がボーッとしてしまう感じもひどく、手や足の感覚がなくなったり、言葉がよく分からなくなったり、ほとんど頭が働かない状況が1週間から2週間は続くという本当に苦しいものでした。
それでも頑張って働いていましたので、ストレスがたまり、ひどい吐き気や頭痛、それに、自律神経のバランスが崩れ4年も5年もひどい風邪の症状が続きました。
結局、10年間ノルバスクを毎日飲んできたのですが、血圧も下がらずその様な症状がどんどん悪くなっていく一方なので医者と相談して、薬を飲むのをやめました。
やめて1年後ぐらいでしょうか、それらの症状がほとんど治ったのです。
薬を飲むのをやめて症状が治ったのだから、今までのは全部薬のせいだったのかと思ったら、最後に薬自体がものすごく怖くなってしまいました。
そして、忘れもしない3年前の春なのですが、目を悪くして、目の飲み薬を飲むときに、言いようのない強烈な不安が襲ってきました。
また血圧の薬のときみたいにならないだろうか?
不安を押し殺して薬を飲んだのですが、大発作というのでしょうか、もう気を失ってしまうのではないかというようなものすごいショックを受けました。
その後の頭がぼーっとしてしまう症状もひどく、全身の感覚が全くといっていいほどなくなりました。
言葉もほとんど理解できません。
仕事もとてもできるような状態ではなく、毎日歩くことから練習しました。
3年たった今でも、ほとんどその時のままです。
言葉があまり理解できないので、この文章の中に失礼があったら申し訳ありません。
今では、元の自分に戻れるのか不安で不安でしょうがありません。
今まで精神科や心療内科などへ行ったことがないので、自分がパニック障害なのかどうかもわかりませんので、一度行って診てもらおうかとも思います。
とにかく残遺症状のようなものがずっと治らなくてくじけそうです。
まともには働けないし…。
1ヶ月前にこのサイトを見て、わらにもすがる気持ちで呼吸法を毎日欠かさず続けています。
これからも続けていこうと思っています。
こんな自分に何かプラスになるようなコメントがありましたら、どうかお願いいたします。


<管理人のコメント>
まず最初に、あなたが言われているように、精神科や心療内科を早めに訪れることをお勧めしますね。

患者さんの中には、薬物過敏で薬を飲めない患者さんもいます。
薬を飲むとショックを起こすのですね。
あなたの場合と一致するかは分りませんが、そのことをしっかりと医師に報告されて下さいね。

私も目の病気で緑内障の薬を貰っていた時期があります。
私の場合は、副作用の少ない点眼薬にしてもらいました。
ところが、目薬にも関わらず、点眼してから数時間、めまい、吐き気、強烈な頭痛に襲われました。
数日でその薬は断念しました。
もうその薬は私は無理です(汗)

一度、怖い体験をしてしまうと、新たな薬に対して恐怖を感じるのは当然でしょう。

あなたの場合、その後の影響が大きく、長期間継続していますので、他の病院(眼科や内科)でもその原因を調べて頂くこともお勧めしますね。

メンタルクリニック、眼科、内科で、総合的に今のあなたの状態を診断してもらって下さいね。
診察で上手く医師に説明出来ないならば、伝えたいことを紙に書いてから診察に臨まれると良いと思います。
医師に、その紙を渡せば良いのです。

書く内容は、ここで書かれているように、
どの薬によってこういった症状が出た。
その後も症状が継続している。
今の精神状態など。
これらを詳しく、時間を掛けて紙に書いて下さいね。


さて、あなたがパニック障害なのか私は判断することはできません。
誠に申し訳ありません。

ただ、このサイトの呼吸法は、心身をリラックスさせるものですので、どんな人でも有効です。
心身をリラックスさせることは、大切なことですね。
少しでもあなたの体調が良くなることを願っております。


追伸:
あなたの文章は、非常にしっかりとしております。
あなたの悩みや願いは、しっかりと私に伝わっております。
自信を持たれて下さいね。

↑ページの先頭へ