[311] 312 313 314 315 316 317 318 319 320

408 神奈川県 女性 31歳 全般性不安障害・パニック障害・線維筋痛症 4年半 (392)
H20.
1.24
ソニックさん、こんにちわ。
先日は丁寧なお返事ありがとうございました。

あれから不安もパニックも痛みも悪化して主治医に相談しても抗不安薬が増量されるだけで(抗不安薬を4種類)先生にも不信感が強まり、どんどん悪化してしまい、自殺願望が強まってしまいました。
そんななかでもこのままでは自分がダメになってしまう、と思い、よく考えて自分でも病気に支えがあったのは私にとってパキシルだったと悟りました。

このままでは私も主人もダメになってしまうと思い、最初の主治医が日本に帰ってるとの事でおもいきって紹介してほしい事を話したらいいとの事で年始に主人と診察に行きました。

年末、年始は私は狂った様に泣き叫び絶望感でいっぱいでした。
いままで頑張ってきたこと、全てが無になった気持ちでいっぱいでした。

今年、新しい主治医と(というか戻ったので前というか)1月4日〜新しいジェイゾロフト50とゆう(私がパキシルの飲み始めの副作用が強かった為)同じSSRIのお薬が出されました。
あとはいつものユーロジン、ほかセロクエル→副作用が強すぎて中止、コントミン→薬疹で中止、100歩譲ってリーゼを3回出すよ。とこの3つに新しくなりました。(主治医は基本抗不安薬は嫌だと言ってました。)

もう私の体は痩せ細り限界だった為、次の日には主人と私の実家に帰りました。
今は静養させてもらっています。
そして今やっと気持ちだけは自分を取り返しました。
死にたい気持ちが良くなってまた笑って過ごしたいと強く思える様になってきました。

また1からのスタートだけど、前もよくなったんだからまた自分なら出来ると思えます。
主治医って大切ですね。
信頼出来る先生がいるだけでこんなに気持ちが前向きになれる。
先生はもともと線維筋痛症のメンタル専門の精神科の先生です。
体はまだシンドイですが今度はもう少し焦らず自分のペースで頑張ります。

ちなみに先生に呼吸法の事を話したら「呼吸技術ね、パニックは治るよ。」とアッサリ。
だから抗不安薬は私があまりにもその時不安が強くだめだ、外に出れない、吐いてしまって食事が取れないと自分が取り乱していたので仕方なく100歩譲ってくれた様です。
私は疼痛があるのでSSRIですが最後の判断は自分、今の主治医を信じていい人生にしたいと思います。
呼吸法でまた外へでて1つづつアッハ体験を地道に積み上げていこうと思います。
寝る前の呼吸法、いいですね。
ソニックさん、ありがとうございました。
また報告させてもらいます。


<管理人のコメント>
大変な状態だったのですね。
さぞかし辛かったことでしょう。
私も、以前は絶望の淵にいました。
誰にも分かってもらえない・・・
こんなに辛い薬を沢山飲んでいても治らない・・・

そういった時に、現在の主治医と出会うことが出来ました。
希望を持った私は、医師も驚くほどの回復に向かいました。


自分に合った薬が見付かることは、とても幸いなことです。
それが、抗不安剤であっても、抗鬱剤であっても構わないと思います。
理由は、薬は補助に過ぎないからですね。

パニックは治るよってアッサリ言われましたか(笑)
ハィ、その通りです。
あなたの主治医は、気持ちの良い先生ですね。
信念も持っておられるようです。

あなたも、その信念についていって下さいね。

そして、また1からのスタートではありませんよ。
あなたは、今までに色んな体験をされてきたことでしょう。
その体験は決して無駄ではないのです。
辛い体験もです。

色んな体験をすることで、色んなことを悟ってこられたことでしょう。
それを役立たせることです。

どんな治療を行なうにしても、あなたが言われているように、決断が必要ですね。
自分は、この方法で治す!という決断です。
その為に、ある程度割り切って薬も服用することも必要かもしれませんね。
治してしまうのだから、いずれはその薬も服用しなくなると思うことが出来るでしょう。

私のコメントも沢山閲覧して下さっているようですね。
アッハ体験を繰り返し、自信を深めていって下さいね(笑)

あなたの決断を嬉しく思います。
またの報告を待っていますね。

↑ページの先頭へ