[261] 262 263 264 265 266 267 268 269 270

358 福岡県 男性 22歳 パニック障害?自律神経失調症? 2ヶ月
H19.
10.30
はじめまして。
私は今年の8月19日に突然息苦しくなり心臓もドキドキして気がおかしくなりそうでした。
そこで親に救急車を呼んでもらい病院にいきました。
病院に着いた頃には発作の様なものも治まっていました。

私は病院なんだから何らかの処置をしてくれると思っていたのですが心電図や血液検査をしてその病院の先生が今すぐどうこうという問題はないといわれてその日は帰りました。
その後また一週間後に同じ症状が出たのですがその時は何とか耐えました。

自分は一体何の病気何だろうと不安ながらにネットで調べたりしました。
すると自分の症状が色々な病気に関係していて調べれば調べるほど気分が沈んでしまいました。
微熱も続き軽いうつ状態にまでなってなんのやる気も起きずずっと横になってる日もありました。

でもこのままではいけないと思い9月の上旬にK大病院に行きました。
私の場合は動悸と頻脈が気になっていたので循環器内科にしようと思いましたが、うつ気分や不安感がありましたので心療内科にしました。

色々な事を聞かれて自律神経の乱れから色々な症状が出ると言われて生活のリズムを整えて夜型人間をやめる様にいわれました。
薬は朝昼夕食前にお湯に溶かして飲む漢方を二種類と寝る前にメイラックス1mgを一錠に発作時の頓服にワイパックス0.5mgを処方されました。

初めてメイラックスを飲んだ時今までの不安感がなくなり楽になりました。
発作は起こらなくなりましたがたまに不安感と頻脈がセットででます。
その時はワイパックスを飲んでます。

十月の外来では頻脈が気になる事を先生に伝えたらセディール10mgを追加されました。
これは朝昼夕食後に一錠ずつ飲むように言われました。
セディールは私に合っていないのかたまに服用後に体がぴくぴくした感じになります。
脈の事は本当に気になっていたのでタバコをやめました。
そしたら脈が以前より大分落ち着いたと思います。

今の所改善したと思うのは発作がなくなり頻脈も落ち着きのぼせや肩の痺れがなくなった所です。

つらいと思うのは副作用の眠気とたまにでる不安感です。
少しずつですがよくなってきているのが体でわかります。
信頼できる先生なので頑張って行きたいと思います。

管理者様に質問があるのですがセディールを飲んで体がぴくついたりする事は次の外来まで待たずに電話ですぐに聞いたほうがいいでしょうか?
それと抗不安薬が効くのは病気が心因性と考えて、循環器内科に行かなくていいのでしょうか?
質問にお答え頂けたら幸いです。
また何かありましたら投稿させてもらいます。長文失礼しました。


<管理人のコメント>
最初の発作は、皆さん 自分に何が起こっているのか理解出来ないでしょう。
恐らく、死を覚悟したと思います。

大発作は、30分ほど長くても1時間程度で自然に治まることが多く、急患で病院に着いた頃は比較的安定していることが多いでしょう。
そこで、色々調べても異常が見付からないのが通常ですね。
そして、納得出来ないまま帰宅する患者さんも多いことでしょう。

あなたは、現在は比較的安定してきているようで何よりですね。
セディールに関しては、ん〜何とも言えません。

パニック障害に処方される薬の多くは、副作用があります。
その副作用の症状が、それまたパニックの症状とも似ているのが厄介なところです。
どちらかは、判断が難しいです。
薬を止めてみれば良いという単純な方法でも、判断は難しいです。
薬を急に止めれば、その反動がやってきますので。

まずは、主治医の指示を従い、治療を根気強く継続されて下さいね。
主治医が指導して下さった「規則正しい生活」も大変良いことです。

さて、循環器科への受診の件ですが、念のため受診されることを私はお勧めします。
私も循環器には掛かっています。

動悸や頻脈や不整脈(期外性収縮)なども、パニックの症状の1つですが、それが本当にパニック(心因性)から来ているものなのかを、しっかりと心臓専門の先生にも診断して頂いたほうが安心出来るでしょう。
勿論、心療内科にも掛かっていることは告げる必要があります。

1つ1つ不安を取り除くことです。
もし、心臓に疾患が見付かれば、適切な治療をすれば良いだけです。
異常がなければ、安心を買ったと思えばそれで良いでしょう。

薬を服用して、不明・不信な点があれば、電話でも構いませんので、直ぐに病院へ連絡することをお勧めしますね。
適切にアドバイスをして頂けると思いますよ。

この病気は必ず波があります。
まだ病気を発症して日が浅いですので、病気を認知するのも大変でしょうが、根気強く、一喜一憂せず、これからも治療を継続されて下さいね。

↑ページの先頭へ