パニック障害.COM(パニック障害ドットコム) 治療   



自己効力感
self-efficacy

心理学者アルバート・バンデューラによって提唱された心理学用語。


人間は賢い動物であり、「無駄なことはしたくない」と思っています。

人間は行動を起こそうとする時、その行動を自分がどの程度上手く出来るか?と予測してしまいます。


その予測によって、その後の行動の生起は左右されます。

やっても無駄、出来ないと思えば、行動に移さないということです。


このサイトでは、セルフコントロール法の呼吸法を紹介させて頂いております。


自己効力感の高い人は、「よし!、やってみよう」と思うことが出来、その後の行動につながる。


一方、
自己効力感
の低い人
は、「その訓練は自分には出来ない、出来ないかもしれない」と尻込みする傾向があり、その後の行動につながりません。


これは、とても大きな分かれ道となります。

自己効力感を高める必要があるのです!





自己効力感を高める方法


@成功体験
成功出来た体験を多くすること。
アッハ体験」を多く体験すること。
これが一番、自己効力感を定着させると言われている。


A代理体験
他者が成功している様子を観察することによって、「自分も出来る!」と予測すること。
成功している人の真似をするということ。


B言語的説得
達成の可能性を繰り返し言葉で説得すること。
しかし、その時納得していても、失敗を経験することで容易に消失し易い。
自分で行動し成功体験を得ていない状態では、いくら心に刻んでいても消失し易いと言える。


C生理的情緒的高揚
苦手だと思っていた場面で、落ち着いていられたり、発汗がなかったりすることで自己効力感が強められること。



これらをまとめると…、

自分で行動を起こすことにより、悪循環から脱し、良い循環になるということです。

人の真似で構わない
自分の行動によって、セルフコントロールを自分のものにしていくこと。


セルフコントロールが出来るようになって行動するのではなく、行動しながらコントロールの訓練をしていくこと。
そして多くのアッハ体験成功体験)を自分で体験し、より自信を深め、より意欲的に行動していくことになるでしょう。


パニック障害.COM(パニック障害ドットコム)SONIQ(ソニック)

Copyright (C) 2006-2015 パニック障害.COM All Rights Reserved.

This page was designed by "STUDIO SONIQ"(スタジオソニック)