完治・克服への道
〜process to complete recovery〜

★Thanks from SONIQ


ドラッグフリー

完全断薬(ドラッグフリー)
名医は私の回復ぶりに対して、こう言われました。
「最初にあなたが訪れた時は、重度のパニック障害と診断したのですが、あなたほどの回復ぶりは珍しいタイプです」と。
通常の患者さんは、この呼吸法で1年で完治、重症の場合は2〜3年で完治となっています

私は、どうすれば病気を克服出来るかを常に考えていましたので、この名医の指導以外に、運動も行なっていましたし、自己暗示にも取り組みました。
それも功を奏したのだと思います。

そして、最後の薬の持続性心身安定剤の「レスタス」の断薬を行ないました。
コンスタンと同じように、いきなり翌日からゼロに致しました。
理由は、前回同様、発作を起こさせる為でした。

私のその時の気持ちは、「さぁ〜、掛かってきなさい」という気持ちでした。
1週間が過ぎ、何ともありませんでした。
私は拍子抜けしました。
何だ、治ったのか?と思いました。


ところが2週間が過ぎた頃から、やってくるようになりました。「ヤツが」

「げ!、やっぱりまだ治っていないんだ・・・クソ〜」と思いました。
名医からしてみれば、当たり前のことでした。


しかし、発作に至らせる前に、不安感を鎮めることが出来ました。
その訓練の繰り返しでした。
最初は大きな不安感を鎮めるのに10分掛かっていたのが、徐々に短時間で鎮めることが出来るようになっていきました。
その訓練を数ヶ月続けたところ、不安感が襲ってきても、一瞬で抑え込むことが出来るようになっていました。

これは呼吸法の技術の完全なマスターを意味していました。


←戻る
次へ
パニック障害.COM