<掲示板でのお願い>

皆さん、症状も違えば、環境も違います。
考え方も違いがあって当然でしょう。

また、単語だけでの会話ですから、細かなニュアンスを伝えるのも難しいでしょう。
たまには、コメントを全く逆に捉えられてしまうこともあるでしょう。
誤解もしばしば生じます。

さてさてここで、
上記のようなことが生じても、落ち込んだり、自己嫌悪に陥ったりしないで下さい。
これは言った本人、言われた本人だけでなく、皆さんもですね。

感受性豊かな人が多いですので、無理もありません、理解していますよ。

掲示板に限らず、
人から傷つくことを言われて、落ち込み、その落ち込んだ自分に対して情けなく思い、更に落ち込んでいく悪循環を繰り返す人も多いでしょう。
これは、「」です。
性格というより、「癖」でしょう。

癖は直しにくいものですが、ちゃんと心掛けていけば直せるものです。

「嫌なことがあって、気分が落ちる」
これは、少なからず誰しも持っていることであり、人間の正常な反応でしょう。
病気(パニック障害)になって、落ち込まない人はいません。
人から理解を得られなくて、落ち込まない人はいません。

これは鬱病とは違い、ただ単に、気分を自分で落としているだけだと思います。

我々パニック障害からやってくる2次性鬱は、本当の鬱病(1次性鬱)とは異なります。
鬱病は、自分が鬱病だということを自覚することが出来ません。

自分で気分が落ちていることを自覚出来ているのは、とても正常な状態だと思いますよ。
この正常な反応を、必要以上に自分で考え過ぎ、悪循環に陥らせている人が多いでしょう。

ここで誤解がないように・・・
自分でそうしてしまっているのは、その人が悪いのではありません。
人よりも感受性が高いだけなのです。
それは、他人よりも優れたところです。
それはそれでこれからも持ち続けると良いでしょう。

あくまでも、自己防衛の為に、直ぐにマイナスのスイッチを入れない癖を付けることをお勧めします。
それには、必要以上に考え過ぎないことをお勧めしますね。
この癖を付ければ、悪い癖は直ります。



調子の良い時は、マイナス思考などに捉われることなく、物事に対して良い方向に考えることが出来ます。
とても楽観的に物事を考えることが出来るでしょう。

しかし、調子が悪くなってしまうと、調子が良かった時の思考が何処かへ行ってしまうのです。

どんな病気にも共通していると思いますが、病気に掛かると誰しも気分は落ちてしまいます。
弱気になったり、悪い方向への思考に支配されます。

私は、調子が悪い時の思考は、その人の本当の思考ではないと考えます。
病気によって、そうさせてしまっているのだと推測します。
病床の患者さんの言葉は、冷静な判断が出来ておらず、そのまま本人の意思としてとらえるべきではないように。

調子が悪いと、色んな不安が出てきて当然でしょう。
そこで、客観的に考える癖を付けることをお勧めします。

そのように悪いふうに考えるのは、本当の自分の思考ではなく、症状によって引き起こされているだけだということ。
ちょっと難しいかもしれませんが、そのことに気付くことが出来れば、マイナス思考に陥ることも少なくなることでしょう。



さてさて、私が何故自己暗示にも取り組んだかと言いますと、コメントに対して私が一つ一つ凹んでいては、このサイトは成り立ちません。
自分の心もコントロール出来なければ・・・、と思ったのです。

自分の信念を貫いても、それに賛同する人、しない人がいて当然。
色んな考え方があって当然なのです。
批判する人の意見にも耳を傾けながら、修正すべき点があれば修正すれば良いでしょう。
修正する必要がないと思えば、そのまま貫き通せば良いでしょう。


掲示板に限ったことではありませんよ。
色んなことを言ってくる人が周りにもいることでしょう。
そういう人達を許す心も是非持って下さい。

この病気になったのは、誰のせいでもありません。
他人のせいでも、自分のせいでも。

病気になってしまったのならば、治してゆきましょう。
そして、それらをこれからの財産にしてゆきしょう。

SONIQ

≪掲示板TOPへ
パニック障害.COM